設備・仕様

Equipment

Structure

資産価値の維持にも寄与する堅牢な躯体構造。高い自社基準と公的評価で築くワイズシリーズの「信頼品質」。

直接基礎

詳細な地盤調査により、地盤の許容支持力を正確に割り出し「直接基礎」を採用。安定した地盤で支持しています。

直接基礎概念図

強固なコンクリートを採用

構造躯体部分には高い耐久性を目指した設計基準強度30~36N/㎟(一部を除く)のコンクリートを採用。完成後には見ることのできない構造躯体だからこそ、妥協は許されません。

コンクリート強度概念図

ダブル配筋

戸境壁などの鉄筋は、鉄筋を格子状に組み上げる工程で鉄筋を二重に組むダブル配筋を採用しています。シングル配筋に比べて高い強度と耐久性を実現します。

ダブル配筋概念図

耐震性・遮音性に優れた二重床・壁構造

コンクリート床スラブ厚は約250~350mm(一部除く)を確保し、二重床を採用。下階への振動や騒音などを軽減しています。戸境壁はコンクリート壁で、厚み約180mm~220mm(一部除く)と隣接住戸からの音漏れを軽減させます。

※A1・A2間、C1・C2間、E1・E2間は乾式遮音壁

床構造図

溶接閉鎖型せん断補強

コンクリート柱内の帯筋には、工場溶接して主筋にはめ込む溶接閉鎖型せん断補強筋を採用(一部除く)。溶接により継ぎ目を無くすことで、一般的な帯筋に比べて主筋の拘束性を向上。柱全体に耐力的な粘りを与え、耐震性能を高めます。

溶接閉鎖型帯筋概念図

50%以下の水セメント比

JIS表示認定工場の管理のもとで調合・製造。さらに第三者機関による圧縮強度試験等、品質を確認します。コンクリートの水セメント比を50%以下とした配合とすることで、コンクリートの中性化が鉄筋に到達することを遅らせ耐久性を高めます。

コンクリート構成比

24時間換気システム

給気は自然給気で、排気にファンを使用して強制換気。シックハウス対策も安心です。

24時間換気システム概念図

3世代が住み続ける耐久性

「設計住宅性能評価書」において、構造躯体の耐久性を表す【劣化対策等級】は、最高等級の3を取得しています。

ヘルスメータースペース参考写真

入居後も安心の「住宅性能評価書」付き

国に登録した第三者評価機関が「住宅性能表示制度」に基づいて、マンションの性能を客観的かつ具体的な等級や数値等で評価します。

住宅性能評価書

上部へ戻る